\setdash

pszahyou(*)環境において,描画する線種は実線がデフォルトですが,
これを破線にするコマンドです。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

書式

\setdash[#1]#2

  • #1: オフセット
  • #2: 「描画部分の長さ,描画しない部分の長さ」の繰り返しをコンマ区切りで列記します。
    数値はいずれも単位を持つ長さで,
    無名数の場合,単位は \unitlength とみなされます。

基本例

\setdash の引数に偶数個の数値を与えます。
描画部分の長さ,描画しない部分の長さの繰り返しです。

描画を実線に戻すには,\setdash{} と,空の引数を与えます。
setdash01.png

オフセット

\setdash には,[..]オプションで,開始位置のオフセットを指定する機能があります。
下の図で,\setdash{3mm,3mm} の場合,
  2cm=3mm*6+2mm
ですから,右端の実線はクリップ機能で 3mm ではなく,2mmしかありません。
そこで左端の開始オフセットを 0.5mm と指定すれば,
先頭の実線部分は 3-0.5=2.5 mm
最後の実線部分は 20-(2.5+3*5)=2.5 mm
となり,左右対称となります。
setdash02.png

グルーピング

\setdash の影響範囲には注意が必要です。
TeX のグルーピングは無効です。
setdash03.png
上の図で,\sedash コマンドで線分ABを破線で描画しています。
その部分を
  {.....}
で TeX のグルーピングをしていますが,その外にある
  \Drawline{\C\D}
も破線で描画されてしまいます。

これは,\setdash コマンドは 
PostScript の setdash オペレータを呼び出していますが,
これは TeX の管理外ですから,TeX のグルーピングは無効なのです。
対策(1)は,
  \gsave と \grestore
で,PostScript のグルーピングを行います。
setdash04.png
対策(2)は,
  \setdash コマンドではなく,<dash=..> オプション
を用いることです。
setdash05.png

注意事項

  1. その1
    3014

添付ファイル: filesetdash01.png 322件 [詳細] filesetdash05.png 299件 [詳細] filesetdash04.png 309件 [詳細] filesetdash03.png 310件 [詳細] filesetdash02.png 309件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-10 (日) 17:55:47 (4581d)