\syutten
\syutten*

引数を行末に右寄せで出力します。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\syutten#1
  • #1: 右寄せで出力する文字列
\syutten*#1
  • \syutten との違いは
      \syutten が引数を〔#1〕と,前後にかっこを付加するのに対し,
      \syutten* は #1 のみを出力
    します。

基本例

syutten01.png
  • 最終行が長い場合は,改行して次の行の行末に出力します。
    syutten02.png
  • \syutten が引数をカッコ〔〕でくくって出力するのに対し
    \syutten* は,引数をそのまま出力します。
    syutten11.png

注意事項

  • 別行立て数式行では,使用できません。代えて \owari コマンド を用います。
    3130

添付ファイル: filesyutten11.png 331件 [詳細] filesyutten02.png 321件 [詳細] filesyutten01.png 339件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-06 (水) 13:24:45 (2937d)