\tenretu
\rtenretu
\tenretu*
\rtenretu*

点列を定義し,名札を貼ります。
それに対し
  \rtenretu は,極座標形式で座標を指定します。
  *付きのコマンド \tenretu*(\rtenretu*) は,点を定義するだけで,名札は貼りません。
  **付きのコマンド \tenretu** は,定義済みの点に名札を貼ります。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\tenretu<#1>#2
  #1 は key=val
  #2 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
      または
    [##1]##2(##3,##4)[##5]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)
\rtenretu<#1>[#2]#3
  #1 は key=val
  #2 は極(省略時は原点)
  #3 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
      または
    [##1]##2(##3,##4)[##5]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)
  • ##1: オプションで,点の位置に置く文字列
       (省略時は,##2 と同じ)
  • ##2: \##2 という変数の頂点名
  • (##3,##4): 点の座標(計算式を許容[要:emfpcalc.sty])
  • (##5,##6)[##7]: \emathPut の微調整ベクトル(dx,dy) と配置オプション([l/c/r, t/c/b])
  • [##5]: \emathPut に引き継ぐオプション
    • 方位指定オプション[n/nw/w/sw/s/se/e/ne/c]
    • houi=..
    • kuromaru
    • siromaru
    • syaei=..
    • vmark=..
  • #1: key=val で,有効なキーは:
dousa
定義した点列を結ぶ折れ線に対する動作を指定します。右辺値は
D
\Drawline を呼び出し,折れ線を描画します。'D'に引き続き \Drawline のオプション引数を記述することも可能です。
T
\Takakkei を呼び出し,多角形を描画します。'T'に引き続き \Takakkei のオプション引数を記述することも可能です。
P
\emPaint を呼び出し,塗りつぶします。'P'に引き続き \emPaint のオプション引数を記述することも可能です。
kuromaru
定義した点に黒丸を描画します。
oresen
定義した点列を結ぶ折れ線を取得します。右辺値は取得する制御綴名です。
siromaru
定義した点に白丸を描画します。
vmark

基本例

複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
tenretu01.png
  • 点の名前と座標を列記しますが,名前の配置を \emathPut で行うさいの配置オプションを付け加えることが出来ます。
    上の例では
      A(-2,-2) に対しては,方位オプション [sw]
      B(2,-1) に対しては,微調整オプション (2pt,0)[l]
      C(1,2) に対しては,方位オプション [n] を n と略記した例を示しています。
  • 配置オプションをつけない場合は,(0,0)[lb] とみなされます。
  • \emathPutの配置オプションと同様に,極座標系による指定も出来ます。
    tenretu02.png
  • \tenretu*, \rtenretu* の場合は,配置オプションをつけても無視され,名札はつきません。

座標成分に計算式

座標成分に計算式を記述することも可能ではあります。

fp パッケージ利用

座標成分に fp パッケージの計算式を記述することが出来ます。
ただし,emfpcalc.sty を読み込んでおく必要があります。
fp01a.png
  • emathパッケージで許容される fp方式の計算式についてはこちらをご覧ください。

<perl> オプション

\tenretu<perl>{.....} とした場合,座標成分に perlの計算式を記述することが出来ます。
ただし当然のことながら,perl との連携機能が必要で,emathPp.sty を読み込んでおかねばなりません。
perl01.png

\perltenretu コマンド

<perl> オプションでは,成分ごとに perl を呼び出します。
すなわち,上の例では,\A のx座標・y座標の計算で2回,\Bと併せて4回の perl 呼び出しが行われます。
これを1回で済まそう,というのが \perltenretu コマンドです。
子プロセスを起動して,外部ファイルを経由して情報交換を行うのは桁違いの時間を要します。
1回で済ますことが出来れば所要時間が短縮されます。
perltenretu01.png

<kuromaru> オプション

\tenretu に <kuromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に黒丸が付きます。
kuromaru01.png
  • <siromaru> オプションも有効です。ただし,color.sty を必要とします。
    siromaru01.png

<dousa> オプション

<dousa=D> 折れ線描画

\tenretu に <dousa=D> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ折れ線を描画します。
stroke01.png
  • <dousa=D> の右辺値 'D' に引き続き,\Drawline のオプションを付け加えることが出来ます。
    stroke02.png
  • <dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。

<dousa=T> 多角形描画

\tenretu に <dousa=T> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を描画します。
takakkei01.png
  • <dousa=T> の右辺値 'T' に引き続き,\Takakkei のオプションを付け加えることが出来ます。
    takakkei02.png
  • <dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。

<dousa=P> 塗りつぶし

\tenretu に <dousa=P> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を塗りつぶします。
塗りつぶしは,\emPaint を呼び出すことで実現されます。
fill01.png
  • <dousa=P> の右辺値 'P' に引き続き,\emPaint のオプションを付け加えることが出来ます。
    fill02.png
  • <dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。

<oresen=..> オプション

oresen01.png

名札指定オプション

名札は,点の名前を同じものが表示されますが,オプションをつけて変更することも可能です。
nahuda01.png

配置オプション

点列の [##5] には,\emathPut に引き継ぐオプションを記述することができます。

syaei オプション

syaei01.png

関連事項


添付ファイル: fileperltenretu01.png 398件 [詳細] fileperl01.png 374件 [詳細] filefp01a.png 335件 [詳細] filesyaei01.png 448件 [詳細] filesiromaru01.png 441件 [詳細] fileperlrtenretu01.png 239件 [詳細] filetenretu02.png 423件 [詳細] fileoresen01.png 517件 [詳細] filefill02.png 420件 [詳細] filefill01.png 502件 [詳細] filetakakkei02.png 476件 [詳細] filetakakkei01.png 396件 [詳細] filestroke02.png 472件 [詳細] filestroke01.png 435件 [詳細] filekuromaru01.png 522件 [詳細] filenahuda01.png 451件 [詳細] filetenretu01.png 605件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-30 (月) 07:22:27 (1483d)